2018.02.27

今季公式戦7得点のバイエルンFWコマン、左足首負傷で手術…数週間の離脱へ

キングスレイ・コマン
今シーズン公式戦32試合に出場しているコマン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンのフランス代表FWキングスレイ・コマンが左足首の負傷のため、数週間離脱することが分かった。バイエルンの公式ツイッターが伝えている。

 コマンは24日に行われたブンデスリーガ第24節のヘルタ・ベルリン戦で68分、元フランス代表FWフランク・リベリーと交代でピッチに登場したものの、数分後に1対1の場面で左足首を痛めてしまった。直後のチームの見解では「じん帯に影響はない」と見られていたが、26日、コマンがじん帯の手術を行ったことを発表。数週間の離脱を強いられると発表した。

 一方、チーム発表では「数週間の離脱」とされているものの、フランス紙『レキップ』は最低でも2カ月、ドイツ紙『ビルト』は今シーズン中の復帰が絶望的だとの見方を掲載しており、不安の声も上がっている。

 現在21歳のコマンは、2015年8月末、ユヴェントスからバイエルンにレンタル移籍で加入。昨年4月に買い取りオプションが行使され、バイエルンへの完全移籍が決まった。今シーズンここまでの公式戦では32試合に出場し、7得点8アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る