2018.02.16

離脱中のノイアー、W杯出場へ…独代表コーチ「プランBは検討しない」

ノイアー
負傷離脱からの復帰を目指しているノイアー [写真]=ullstein bild via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは昨年9月に左足中足骨を骨折し、現在はリハビリに専念している。実戦から遠ざかる日々が続いているが、ドイツ代表は2018 FIFAワールドカップ ロシアの登録メンバーに同選手を入れる方針をすでに固めているようだ。13日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 ノイアーは昨年12月から再生医療の一つであるPRP療法を取り入れるなど、復帰に向けて様々な治療法に取り組んでいる。また今月11日には、リハビリのためにタイを訪れていることをインスタグラムで報告。「今週は太陽の下でリハビリを行うつもりだ」と記し、近況を伝えている。

 ノイアーの復帰時期は現時点では未定のようだが、ドイツ代表でGKコーチを務めるアンドレアス・ケプケ氏は『ビルト』の取材に対して「今のところ、私はマヌエルがワールドカップでプレーすると確信している。前回大会の時も、彼は直前にDFBポカール準決勝で肩を負傷した。2週間、トレーニングをすることができなかったが、ブラジルでは全く問題ない状態になっていた。今回もワールドカップ開幕前にブンデスリーガかチャンピオンズリーグの試合に出ていると思うよ」と語り、同選手がW杯本大会までには復帰を果たすだろうと予想している。

 さらにケプケ氏は、ノイアーがロシアW杯に臨むドイツ代表の登録メンバーに入る可能性について「そのことについて、我々がプランBを検討することはないよ」とコメント。本大会のメンバーに招集する意向であることを明かした。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
オサスナ
4pt
レアル・マドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
アタランタ
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング