2018.01.30

バルトラ、バス爆破事件を振り返る「もう二度と家族に会えないと思った」

バルトラ
バス爆破事件から奇跡的に復帰を果たしたバルトラ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラが昨年4月に起こった、バス爆破事件で当事者として裁判に参加し、事故当時の様子を振り返った。イギリス紙『デイリーメール』が29日付で伝えている。

 昨年の4月11日、ドルトムントのチームバスは予定されていたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦のスタジアムに向かう途中で3度の爆発に襲われた。爆発に巻き込まれたバルトラは右手首の骨折と診断され、ガラスの破片を取り除くための手術を受けている。その後15日には退院し、1カ月の療養期間のあと無事復帰を果たした。

 目撃者として法廷に現れたバルトラは弁護士と共に、以下のような声明発表し、事故当時の心境を振り返っている。

「恐怖でいっぱいで、人生について考えていた。本当に死ぬんだとおびえていたよ。もう二度と家族の顔を見ることができないと思っていたんだ」

 バルトラは今シーズン、ブンデスリーガで12試合に出場。復帰後は元気な姿を見せると共にチームに貢献している。ちなみに、逮捕された28歳の容疑者は今月、ドルトムント州の裁判所に、「攻撃を行ったが、誰かを殺すか傷つけるつもりはなかった」と語っていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る