2018.01.26

ドルトムントの“功労者”スボティッチ、サンテティエンヌに移籍「絆は切れない」

スボティッチ
ドルトムントの“功労者”スボティッチがサンテティエンヌに移籍 [写真]=TF-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンテティエンヌは25日、ドルトムントから元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。契約は2018-19シーズン終了までの1年半となっている。

 スボティッチは、「サンテティエンヌに加入できてとても嬉しい。(2011〜13年に在籍した)ピエール・エメリク・オーバメヤンや、(サンテティエンヌのDF)ロイク・ペラン、そして監督とも話をした。移籍交渉は順調に進んだよ」とコメント。「僕はファイターだ。闘いが好きだ。体調も整っているし、サンテティエンヌで全力を尽くす準備ができている」と意気込んだ。

 29歳のスボティッチは、当時18歳の2007年にユルゲン・クロップ監督が率いていたマインツでブンデスリーガデビューを果たした。2008年夏、クロップ氏がマインツを離れてドルトムントの監督に就任すると、引き抜かれる形で恩師の後を追った。当時ドルトムントは低迷していたが、すぐさまレギュラーの座を掴んで、クラブ復活に貢献。長らく不動のセンターバックとして活躍してきたが、トーマス・トゥヘル監督が就任した2015-16シーズンからケガの影響もあり出場機会が減り、昨シーズン後半戦はケルンにレンタル移籍していた。今シーズンはドルトムントに残留していたが、公式戦5試合の出場にとどまっていた。

 ドルトムントの発表によると、フリー移籍となったようだ。スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は、スボティッチがこれまで「選手や人としてクラブに多大な貢献をしてくれた」ため、契約解除の申し出に応じたという。

 さらにツォルク氏は「ネヴェンはクラブの黄金期の象徴だ。特別で尊敬に値する選手だ。ドルトムントはいつでも彼を歓迎するよ」とコメントし、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)も「約10年の間、ネヴェンとともに多大な成功を収めてきた。クラブを代表して心からの感謝を伝えたい」と語り、功労者を温かく送り出した。

 スボティッチはドルトムントのクラブ公式サイトを通じて、「9年間過ごしたドルトムントに心の底から感謝したい」とクラブやファンに感謝を示した。

「良いときも悪いときも、一緒に多くのことを経験した。この思い出は永遠に僕の心に残るだろう。素晴らしい時間をくれたファンに感謝したい。君たちのサポートなしでは不可能だった。チームのためにボールを追いかけ、タイトル獲得をともに喜んだことは名誉だった。その一瞬一瞬が僕とクラブの絆を作った。この絆が切れることはない」。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る