2017.12.13

新生ドルトムント、リーグ9戦ぶり勝利…前ケルン指揮官の下、復調の兆し

マインツ戦でリーグ戦9試合ぶりの勝利を収めたドルトムント [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ピーター・ボス監督の解任とペーター・シュテーガー氏の新指揮官就任を発表し、新体制での初戦を迎えたドルトムント。12日に行われたブンデスリーガ第16節のマインツ戦、2-0でリーグ戦9試合ぶりの勝利を手にした。

 大衆紙『ビルト』は、シュテーガー新監督を迎えたドルトムントが今シーズン最高の運動量(総走行距離120.8キロメートル)を記録したことを評価し、チームに再び活力が戻ったと見ている。

 キャプテンを務めるドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーは「ようやく勝ち点3を取れてホッとしているよ。今日はピッチ上で皆が戦っていた。今日のようにプレーしていれば、先週の土曜日(9日の第15節ブレーメン戦)も勝てていたはずだけど。(その原因は監督?)それを原因にするのはあまりに単純すぎるよ。重要なのは、勝ち点3を目指して戦ったことだ。今日は一人ひとりから(それを)見て取ることができたね」と『スカイ』のインタビューで話している。

 試合後、シュテーガー監督はボス前監督への敬意を表した。ドイツ紙『ルール・ナッハリヒテン』は「ボス前監督は良い仕事をしていたに違いない。ここでは、彼のことを悪く言う人はいないよ。彼はこのチームに多くのことを残してくれた。この勝利は彼のものでもある」というコメントを紹介。謙虚な態度を称えている。

 解任されたケルンは最下位に沈んでいたが、成績不振に陥っても多くの人望を集めていたシュテーガー監督。その理由を見て取れる言動を示し、初戦で勝利を収めてみせた。動揺しているドルトムントを落ち着かせるための順調な一歩を踏み出したようだ。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング