2017.11.17

レヴァンドフスキ、バックアップ獲得を希望「若くてハングリーな選手を」

レヴァンドフスキ
バイエルンFWレヴァンドフスキが第2ストライカーの獲得を望んでいる [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、自身のバックアップ獲得を望んでいるようだ。15日付のドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。

 現在29歳のレヴァンドフスキは、今シーズンこれまで公式戦18試合中17試合に出場し、計15ゴールを記録。代表では9月と10月の4試合出場5ゴールを挙げていたが、11月の国際親善試合は負傷により欠場していた。

 ほぼフル稼働中のレヴァンドフスキは、「世界トップレベルのストライカーは難しいと思うけれど、バックアップの選手が必要だ」とコメント。続けて「代表戦も含めて、僕らはずっと3日おきに試合を続けている。どんな選手でも休息が必要なんだ」と主張した。

「毎試合出場すれば得点できるというものではない。ときには、出場時間が多少短くなっても、体力の配分を気にしないでプレーしたほうが得点を重ねられるものなんだ」

 バックアップがどのような選手か、という希望も頭のなかにあるようだ。「若くてハングリーな選手はひとつの選択肢だね。ベテラン選手から何かを学び取ろうとしている選手のことだよ。僕にとっても、試合によっては15分、20分と休める時があると助かるね。そうすれば次の試合に向けて、体調もキープできる可能性がずっと大きくなる」。

 16日にはドイツメディアが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表FWサンドロ・ヴァーグナーのバイエルン移籍について報道。ユリアン・ナーゲルスマン監督が同日に行われた試合前会見で、すでに交渉が進んでいることを認めている。地元バイエルンの下部組織出身のヴァーグナーは古巣復帰を夢見ており、“原点回帰”を狙うブンデスリーガ5連覇王者の計画にも合致する。

 調子を取り戻したバイエルンが、念願の3冠再現に向けて、着々とチームづくりを進めている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る