2017.10.15

ライプツィヒ、ドルトムントとの打ち合いを制し3連勝…香川は出番なし

ゴールを喜ぶライプツィヒ
ライプツィヒがドルトムントとの打ち合いを制した [写真]=Bongarts via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第8節が14日に行われ、ドルトムントがライプツィヒと対戦した。ドルトムントに所属する香川真司はベンチスタートとなった。

 試合は開始早々に動く。4分、ピエール・エメリク・オーバメヤンがシュテファン・イルサンカーからボールを奪って抜け出す。キーパーと1対1となったオーバメヤンが冷静に流し込み、ドルトムントが先制に成功した。

 追いかけるライプツィヒは10分、敵陣中央で得たフリーキックでケヴィン・カンプルがペナルティエリアの左側へ柔らかいボールを送る。マルツェル・ハルステンベルクがエリア中央へ折り返すと、中で待っていたマルセル・サビツァーが頭で合わせゴール。試合は振り出しに戻った。

 25分、ライプツィヒのブルーマが左サイドを個人技で突破。そのままエリア内に進入し右足でエリア中央へパス。ユスフ・ポウルセンが左足で流し込み、ライプツィヒが逆転に成功した。

 1-2で折り返した後半開始直後に再び試合が動く。ライプツィヒは敵陣深くでボール奪うと、スルーパスにジャン・ケヴィン・オギュスタンが抜け出す。ドルトムントのソクラティス・パパスタソプーロスが後ろからオギュスタンを倒してしまい、PKの判定。更にソクラティスにはレッドカードが提示され、ドルトムントは10人での戦いを強いられることとなった。このPKをオギュスタンが右隅に決め、ライプツィヒがその差を2点に広げた。

 55分、シュテファン・イルサンカーがこの日2枚目のイエローカードで退場。両チームとも10人で戦わなければならなくなった。

 反撃に出たいドルトムントは60分、左サイドからのパスに抜け出したオーバメヤンがエリア内で倒される。ビデオアシスタントレフェリー制度(VAR)による確認が行われ、ドルトムントにPKが与えられることとなった。このPKをオーバメヤンが落ち着いて流し込み、ドルトムントが1点を返した。

 試合はこのまま2-3で終了。ライプツィヒがドルトムントとの打ち合いを制し、リーグ戦3連勝を記録した。なお、ドルトムントの香川に出番はなかった。

【スコア】
ドルトムント 2-3 ライプツィヒ

【得点者】
1-0 4分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 10分 マルセル・サビツァー(ライプツィヒ)
1-2 25分 ユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ)
1-3 49分 ジャン・ケヴィン・オギュスタン(ライプツィヒ)
2-3 65分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る