2017.05.04

ドルトムント、香川と延長交渉へ…SD「シンジは調子を上げている」

香川真司
ドルトムントに所属する香川真司 [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ドルトムントのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏はドイツ誌『kicker』に対して、日本代表MF香川真司との契約延長交渉に臨む考えを示した。同誌日本語版が伝えた。

 これまでドルトムント在籍期間において、公式戦181試合に出場し、54得点43アシストとほぼ100点に絡んできた香川。クラブとの契約は2018年まで残っているが、このままでは今夏にも延長か、それとも移籍かの選択を迫られることになる。

 そんな中、ツォルク氏は『kicker』誌に対して、延長を目指して香川、そしてその代理人を務めるトーマス・クロート氏と、交渉に臨む考えを認めた。

「これからどうなっていくのか、見てみよう。彼はしっかりとしたプレーを見せている。それは好感が持てることだ。シンジは調子を上げていて、プレッシャーのかかる中でも、そのパフォーマンスを発揮してきたよ」

 ただ1つのポイントとして、前任者のユルゲン・クロップ監督時代と比較すると、トーマス・トゥヘル監督下での香川のプレータイムには差がみられることが挙げられるだろう。

 出場可能な公式戦のうち、クロップ監督時代では実に8割に出場してきた同選手だが、トゥヘル監督時代では7割。さらにそのうち全出場時間と比較して、香川がクロップ監督の下でプレーしたのは65パーセントであるのに対して、トゥヘル監督下では52パーセントにまで落ち込んでいる。

 ただし、これは何も監督だけの問題ではなく、香川自身も思ったようなパフォーマンスを発揮できていなかったという側面もあるだろう。特に今シーズン前半戦(第17節まで)では、リーグ戦5試合の先発出場にとどまり、わずか1アシスト。しかし後半戦から徐々に出場機会を得ていき、第24節で先発すると1アシストをマーク、それ以降出場したリーグ戦6試合は全て先発出場となっており、1得点3アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る