2017.02.12

ハンブルガーSVが降格圏脱出…酒井高徳の主将就任後は勝ち点17を獲得

ハンブルガーSV
酒井高徳(右)が主将に就任して以降、ハンブルガーSVは勝ち点を伸ばしている [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVが、ブンデスリーガの降格圏を脱出した。

 11日に行われたブンデスリーガ第20節・ライプツィヒ戦に3-0で勝利したハンブルガーSV。この結果により同クラブは15位に浮上し、第2節以来となる降格圏脱出を果たした。

 開幕10試合で2分け8敗とまずいスタートを切った同クラブは、昨年11月17日に酒井を新主将に任命すると、状況が好転。第13節・ダルムシュタット戦で今シーズン初勝利を飾ると、その後の8試合で5勝3敗と勝ち点を伸ばしてきた。酒井が主将に就任する前の10試合で獲得した勝ち点はわずかに2だったが、主将就任後の10試合では勝ち点17を積み上げている。

 次節、ハンブルガーSVは17日にホームでフライブルクと対戦する。さらに勝ち点を積み重ね、残留争いで優位に立ちたいところだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る