2017.02.12

原口先発出場も、ヘルタは2戦ぶり黒星…内田欠場のシャルケが快勝

原口元気
シャルケ戦に先発出場した原口元気(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が11日に行われ、DF内田篤人が所属するシャルケと日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。原口は右サイドハーフで2試合連続の先発出場、内田はベンチ外となった。

 前節、シャルケは敵地で首位バイエルンとドロー。貴重な勝ち点1を獲得した。8日に行われたDFBポカール3回戦のザントハウゼン戦でもしっかりと白星を収め、リーグ戦でも勢いに乗っていきたいところだ。一方、ヘルタ・ベルリンは前節のインゴルシュタット戦で原口が今シーズン初ゴールを挙げ、3試合ぶりの白星を収めた。直近5試合では黒星が先行する苦しい状況だが、なんとか調子を維持したい。

 試合は序盤からホームのシャルケがやや押し気味に進める。16分、ナビル・ベンタレブからパスを受けたレオン・ゴレツカがミドルシュート。枠を捉えたかに思われたが、ここは惜しくも右ポストを直撃。先制点とはならなかった。さらに25分にもベンタレブからスルーパスを受けたゴレツカがGKと一対一となったが、シュートはGKルネ・ヤーステインが体を張ってセーブした。

 スコアが動いたのは42分。シャルケが高い位置でボールを奪うと、中央のベンタレブが相手DFの裏へ浮き球のパスを出す。これを受けたギド・ブルクシュタラーがワントラップからゴール右下に決め、シャルケが先制に成功した。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 後半に入り、ヘルタ・ベルリンは反撃に出たいところだったが、次の得点を奪ったのはシャルケだった。62分、ゴレツカが中央でベンタレブからボールを受けると、ドリブルでエリア手前まで持ち上がり、シュートをゴール左下に決めた。

 リードを広げられたヘルタ・ベルリンは70分、エリア左横でパスをカットしたヴェダド・イビシェヴィッチがGKとの一対一を迎えたが、ここはGKラルフ・フェアマンがビッグセーブでしのいだ。ヘルタ・ベルリンは82分に原口を下げてユリアン・シーバーを投入し、まずは1点を返しにいったが、最後までゴールが遠く2-0のままタイムアップ。シャルケが3試合ぶりの白星を挙げた。一方、ヘルタ・ベルリンはリーグ戦2試合ぶりの敗戦となった。なお、原口は82分まで出場した。

 次節、シャルケは次節、敵地で日本代表FW大迫勇也が所属するケルンと、ヘルタ・ベルリンはホームでバイエルンと対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-0 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1-0 42分 ギド・ブルクシュタラー(シャルケ)
2-0 62分 レオン・ゴレツカ(シャルケ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る