2017.02.12

香川、公式戦4試合ぶり出場も…ドルトムントは最下位相手に痛恨の敗戦

香川真司
公式戦4試合ぶりに出場したものの、目立った活躍ができなかった香川(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が11日に行われ、ダルムシュタットと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦3試合連続のベンチスタートとなった。

 前節、2位ライプツィヒを破ったドルトムントは、8日に行われたDFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンを下し、徐々に調子を上げている。一方、最下位のダルムシュタットは11試合未勝利が続いており、ホームで久々の白星を目指す。ドルトムントは最終ラインの一角に18歳のDFジェニス・ブルニッチを起用した。

 試合は序盤からホームのダルムシュタットが攻勢に出る。21分、左サイドのマルセル・ヘラーが中央へ折り返すと、テランス・ボイドがゴール中央にボレーシュートで蹴り込み、ダルムシュタットが先制に成功した。

 しかし、徐々にドルトムントが盛り返すと、前半終了間際にスコアをタイに戻す。44分、左サイドでエムレ・モルから浮き球のパスを受けたラファエル・ゲレイロがエリア内に走り込み、左足でハーフボレーシュートを狙った。これがゴール左上に決まり、スコアは1-1の同点でハーフタイムを迎える。

 ドルトムントは63分にゲレイロとモルを下げ、香川とウスマン・デンベレを投入した。香川は公式戦4試合ぶりの出場となった。しかし、勝ち越しに成功したのはダルムシュタット。67分、ハミト・アルティントップ、シドニー・サムとつなぎ、スルーパスに抜け出したアントニオ・チョラクがエリア内でGKと一対一となる。これを冷静に決めてリードを奪った。

 結局、ドルトムントは追いつくことができず、1-2でリーグ戦8試合ぶりの黒星を喫した。一方、ダルムシュタットは12試合ぶりの勝利を収めた。なお、香川は63分から試合終了まで出場した。

 次節、ダルムシュタットは敵地でホッフェンハイムと、ドルトムントはホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
ダルムシュタット 2-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 21分 テランス・ボイド(ダルムシュタット)
1-1 44分 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
2-1 67分 アントニオ・チョラク(ダルムシュタット)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る