2017.01.22

フル出場の香川に辛口採点…「努力した」の評価も「アンラッキーだった」

香川真司
ブンデス再開戦でフル出場した香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガは今週末の第17節から再開。21日の試合では、日本代表MF香川真司が所属する6位ドルトムントが15位ブレーメンに2-1で競り勝ち、4試合ぶりの勝利を収めた。

 香川は左インサイドハーフで2試合連続の先発出場となり、開幕戦以来となる、今シーズン2度目のフル出場を果たした。

 しかし、地元紙『Revier Sport』の試合後採点では「4.5」(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)の厳しい点数がついた。寸評では「努力もしたし、よく動いてもいた。しかし、多くのアクションでこれ以上ないアンラッキーがつきまとっていた」と、ツキのなさが目についたことを指摘された。

 その具体例として、「2ゴールに絡むチャンスありながら、シュートではボールを上手くコントロールできず、見事なシュートアシストも(受けたマルコ)ロイスが外してしまった」と、自らのゴールチャンスと得点アシストの両方が決まらなかったことを挙げた。

『Ruhr Nachrichten』紙も同じく「4.5」の採点となり、チーム最低2番目タイの評価だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る