2016.12.11

ドルト、ロイスの土壇場弾でケルンとドロー…大迫フル出場、香川はまたも欠場

マルコ・ロイス
同点ゴールを決めたロイス [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第14節が10日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンと同MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。大迫はトップ下で先発出場、香川は負傷のため欠場となった。

 ケルンは前節、ホッフェンハイムに0-4の完敗を喫して7位に転落した。一方、ドルトムントはボルシアMGに4-1の大勝を収めて6位に浮上。この試合は6位と7位による上位直接対決となった。また、得点ランキングトップを争うドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンとケルンのフランス人FWアントニー・モデストのエース対決にも注目が集まった。

 開始からペースを握ったのはドルトムント。9分、中盤左でボールを持ったムサ・デンベレがエリア手前のマルコ・ロイスへパス。ロイスが斜め右へ折り返すと、これをオーバメヤンがこれを押し込んだ。ドルトムントの先制ゴールかと思われたが、ここはオフサイドの判定で得点は認められなかった。

 すると28分にスコアが動く。ケルンが中盤右でFKを獲得するとヨナス・ヘクターが左足でクロスを上げると、アルチョム・ルドニェフスが頭で合わせ、先制に成功した。前半はこのまま1-0でケルンがリードしてハーフタイムを迎えた。

 ケルンは後半立ち上がりにビッグチャンスを迎える。50分、カウンターから大迫が相手DFの裏に長いスルーパスを送る。これに反応したモデストがGKとの一対一を迎えたが、ここはやや角度がなく、シュートはサイドネットに当ってしまった。

 一方のドルトムントは74分、右サイドから攻め込むと、ロイスが右足シュートを放ったが、ここはGKトーマス・ケスラーがなんとか弾いてCKに逃れた。このまま試合終了かと思われた90分、ドルトムントがケルンのゴールをこじ開ける。右サイドのデンベレが途中出場のアドリアン・ラモスへパス。ラモスが中央へ折り返すと、これをロイスがゴール右に決め、土壇場で同点に追いついた。試合はこのまま1-1で終了。上位対決は痛み分けとなった。なお、大迫はフル出場している。

 次節、ケルンはブレーメンと、ドルトムントはホッフェンハイムとそれぞれ敵地で対戦する。
 
【スコア】
ケルン 1-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 28分 アルチョム・ルドニェフス(ケルン)
1-1 90分 マルコ・ロイス(ドルトムント)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る