2016.11.17

バイエルン戦に臨むドルト、負傷者が続々復帰 ロイスもオプションか

ロイス
チーム練習へ参加するドルトムントのロイス(右) [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 今シーズンは数多くの負傷者に悩まされてきた日本代表MF香川真司が所属するドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督。それでも、19日に開催されるブンデスリーガ第11節バイエルンとのトップマッチでは、久々に多くのオプションを手にすることができそうだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が17日に伝えている。

 ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクとドイツ代表DFマティアス・ギンター、そしてポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロが早期に代表から復帰したほか、離脱が続いていたドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーと同FWマルコ・ロイスが復調している。

 また、盲腸の手術を受けていたドイツ人MFセバスティアン・ローデは軽いランニングをこなして週末に向けて調整。これで、長期離脱が続くドイツ代表MFスヴェン・ベンダー、同DFエリック・ドゥルム、元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチを除く全選手がバイエルン戦のオプションということになった。

 ただ、今シーズンはじめてオプションとなるロイスについては、いきなり先発ということにはならないだろう。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る