2016.11.14

バイエルン、代表戦でロッベンが負傷も…長期離脱の恐れは無しか

ロッベン
ルクセンブルク戦でセンっ晴天を記録したロッベン [写真]=VI Images via Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 バイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベンが、再び負傷したようだ。ドイツ誌『kicker』の日本語版が14日に報じている。

 1年ぶりにオランダ代表として再びプレーしたロッベン。13日のルクセンブルク代表戦で先制弾も決めた同選手だったが、後半戦がはじめるころにはその姿はなかった。32歳のウィンガーは大腿筋に問題を抱えたという。

 ただし長期離脱の恐れはない模様で、交代はあくまで用心のための措置だったことを本人が明かした。「ちょっと変な動きをしたせいかな。たぶんひどくないと思う」

 フランス代表FWキングスレイ・コマンやチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらの負傷が伝えられたバイエルンにとって、今回は負傷が続くロッベンだけに心穏やかではないだろう。今夏のテストマッチで筋肉に問題を抱えて数カ月の離脱を余儀なくされており、今シーズンはここまで6試合に出場して3得点2アシスト。代表戦明けには、ドルトムントとの注目の一戦が控えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る