2016.08.23

負傷離脱が続くロイス、チーム練習合流を回避 復帰が遅れる理由とは

ロイス
13日に行われた新シーズン開幕イベントに登場したロイス [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイスの復帰が遅れている。ドイツ誌『kicker』日本語版が23日に伝えた。

 5月21日のDFBポカール決勝バイエルン戦で負傷し、ユーロ2016に臨むドイツ代表メンバーからも落選したロイス。本来ならば8月中旬にチーム練習復帰の予定となっていたが、それが延びている理由について、トーマス・トゥヘル監督はリスクを避けたいためであることを明かした。

「動きや負担など、まだ100パーセントの状態でなければ、一歩さがってゆっくりとやっていくさ。数日の遅れが生じている感じだね」

 さらに、具体的な復帰の時期については設定はしておらず、指揮官は「デッドラインなどはない。負担をかけずに、自由に取り組んでもらいたいんだ」とコメントした。

 ただし、同誌は9月末よりも復帰が早まることは、おそらくないと予想。そのためブンデスリーガのみならず、チャンピオンズリーグでの欠場も見込まれている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る