2016.08.03

“問題児”クルーゼがブレーメンに復帰「再スタート」…背番号は10

クルーゼ
ブレーメンへの移籍が決まったFWクルーゼ [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ブレーメンは2日、ヴォルフスブルクからドイツ代表FWマックス・クルーゼの獲得をクラブ公式サイトで発表した。28歳のクルーゼにとって、プロデビューを果たした古巣への復帰ということになる。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 契約期間は公表されていないが、同誌によると3〜4年契約で、移籍金額は700万ユーロ(約8億円)になる模様だという。背番号は「10」に決まっている。

「マックスは大きな助けになるよ」と期待感を示していたマネージャーのフランク・バウマン氏は、「復帰を決断してくれてとても嬉しいよ。この数年間で非常に大きな飛躍を遂げた選手であり、クラブだけでなく代表でも高いレベルでプレーしてきた。ドイツサッカー界で彼の名前を知らないものはいないよ」と喜びを語った。

 2006年〜2009年までブレーメンに在籍した同選手は、当時のトーマス・シャーフ監督の下ではブレイクすることができず、2部ザンクトパウリへと移籍。それからフライブルクで活躍をみせると、ボルシアMGに移籍しドイツ代表へと飛躍した。昨夏にはヴォルフスブルクへと加入したが、ピッチ外で大金紛失やセックステープ流出などの問題を起こし、パフォーマンスも低下。今夏に行われたユーロ2016出場を逃す結果となった。

 しかしバウマン氏は「彼の人間性も知っているし、特に心配していることはないよ」とコメント。

 一方のクルーゼは「サッカーが僕の人生の中心であり、ブレーメンは再スタートを切るためにとてもいい条件を提示してくれた。これから楽しみにしているし、バウマン氏とはチームの再建を図っていくという話をしている」と述べ、「今回の復帰はフィーリングの部分で決めたものだ。ブレーメンで僕はプロになり、デビューも果たした。これからはチームがかつての力を取り戻す、その助けとなりたい。この移籍がうまくいってとにかく嬉しいし、新しいクラブ、新しいチームメイトのためにまた全力を尽くすよ」と意気込んだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング