FOLLOW US

ブンデス初昇格ライプツィヒ、今夏初戦で10発完勝も…試合前に謎の事件発生

クラブ史上初のブンデスリーガ1部昇格を果たしたライプツィヒ [写真]=Bongarts/Getty Images

 クラブ史上初のブンデスリーガ1部昇格を達成したライプツィヒは17日、オーバーリーガ(5部)に所属する1.FCフランクフルト・オーダーの本拠地で、同クラブと今夏初の練習試合を開催。しかし、何者かの邪魔により、試合開始が遅れる事態となった。

 ドイツ紙『ビルト』の報道によれば、選手が試合前のウォーミングアップを行おうとしたところ、両陣のペナルティーエリア内に長さ約5センチのネジが大量にまかれているのを、ボールボーイが発見したという。すぐさまボールボーイ、両軍の選手や指導者陣、そしてクラブ幹部までもがネジを除去し始めたが、あまりにも数が多すぎたため、15時半に予定していたキックオフ時間がずれ込む形となった。

 ライプツィヒのスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニック氏は『ビルト』紙に対し、「あまり大きな話にするべきではないよ。ちょっと精神を病んだ過激な人間が、ちょっとのネジを持っていただけかもしれない」と話しているが、フランクフルト・オーダーのマルクス・デアリング会長は「こんなことをされるなんて、本当につらい」と、事件が起きたことを悲しんでいた。

 なお、開始時間が遅れたこのテストマッチは、ライプツィヒが10-0で完勝している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO