2016.04.30

香川が開始9分で1ゴール1アシスト…2戦連発の直後に絶妙パスで追加点演出

香川真司
ドルトムントの香川真司がブンデスリーガ第32節のヴォルフスブルク戦で、リーグ9ゴール目を決めた [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2戦連発、ここ7試合で5ゴール。ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の勢いが止まらない。

 30日に行われたブンデスリーガ第32節で、ドルトムントはヴォルフスブルクと対戦。4試合連続で先発出場の香川が、リーグ戦9ゴール目となる先制点を挙げると、直後にも絶妙なパスでアシストを記録した。

 開始7分、左サイドのマルセル・シュメルツァーからのクロスを、ファーサイドのヘンリク・ムヒタリアンがダイレクトボレー。しかしシュートは真横に飛ぶと、ペナルティエリア内左の香川が右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 さらに直後の9分、相手のクリアボールを拾った香川が、エリア手前中央で絶妙なスルーパスを供給。反応したアドリアン・ラモスがエリア内に抜け出して、右足シュートをゴール右隅に突き刺した。ドルトムントは試合開始10分も経たずに、香川の1ゴール1アシストで2点リードを得た。

 香川は、3月13日に行われた第26節のマインツ戦でリーグ戦5点目を挙げると、今節を含めてリーグ戦ここ7試合で5ゴールと絶好調。なお、ヨーロッパリーグとDFBポカールを含む公式戦では今シーズン13ゴールとなった。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る