2016.04.24

独紙が先制弾の香川を絶賛「アクティブで発想力豊か」…最高点の評価も

香川真司
先制点を挙げた香川真司(左)。独紙も高評価をのプレーを見せた [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、23日に行われたブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトと対戦し、3-0の快勝を収めた。

 リーグ戦3試合連続の先発出場となった香川は、21分にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのクロスに合わせて先制点を獲得。リーグ戦2試合ぶり8点目を決めると、56分にはムヒタリアンが挙げたチーム3点目の起点にもなり、勝利に大きく貢献した。

 香川はリーグ戦ここ6試合で4ゴール1アシストと絶好調。シーズン終盤の重要な局面で復調し、チームをけん引する同選手に、地元紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は「まさに待ち望んでいたパフォーマンス」と絶賛。「ムヒタリアンからの左サイドからのクロスを流し込んで先制点。もちろん、それほど難しいシュートではなかったが、このゴール以外でも香川はアクティブで想像力豊かなプレーを見せた」と、ゴールにとどまらない効果的なプレーを評価し、「2.5」の高い採点をつけた。

 さらに、香川のクロスからコロンビア代表FWアドリアン・ラモスが放ったシュートのこぼれ球を、ムヒタリアンが決めてチーム3点目とした56分のゴールについても、「言ってみれば香川のアシストのようなもの」と、実質香川のアシストとして認定。「香川が出したパスからアドリアン・ラモスと相手GKプジェミスワフ・ティトンを経由したボールが、仕上げ役であるムヒタリアンの足元に渡った」と、その根拠を力説している。

『Ruhr Nachrichten』紙は、香川を「左サイドで見せた力強いアタックを21分の先制ゴールによって結実させると、チームを勝利の道へと導いた」と、勝利の立役者として認定。こちらも「2.5」の高い点数となった。「美しいクロスでチーム3点目にも絡んだ」と、香川の高いパフォーマンスを裏付けるべく、ダメ押し点に関与した点も忘れずに強調。寸評を「引き続き彼の調子は上向きだ」と結び、試合を重ねるごとにパフォーマンスを上げる香川を手放しで褒めている。

 両紙とも、チーム最高点は全得点に絡んだヘンリク・ムヒタリアンの「1.5」。45分に追加点となるチーム2点目を決めた17歳のアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチに「2」が与えられ、香川は両選手に次ぐ高評価だった。なお、『ビルト』紙は、香川に対してムヒタリアンと並ぶ最高点の「1」をつけた。

 ドルトムントは次節、4月30日にヴォルフスブルクをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る