2016.02.07

首位バイエルン、レヴァークーゼンとスコアレスドロー…連勝止まる

ブンデスリーガ第20節で対戦したレヴァークーゼンとバイエルン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、レヴァークーゼンとバイエルンが対戦した。

 前節、日本代表DF酒井宏樹、同MF清武弘嗣、同MF山口蛍が所属するハノーファーに快勝を収めた4位レヴァークーゼンは、リーグ4連勝中の首位バイエルンをホームに迎えた。ハノーファー戦で2得点を挙げたメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスらが先発起用された。対するバイエルンは、チームのトップスコアラーであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらがスタメンに名を連ねた一方、ドイツ代表MFトーマス・ミュラーはベンチスタートとなった。

 最初にチャンスを迎えたのはレヴァークーゼン。11分、CKでハカン・チャルハノールが蹴ったボールにエメル・トプラクが頭で合わせるが、シュートはGKマヌエル・ノイアーの正面でゴールとはならない。

 一方のバイエルンは21分、CKのクリアボールに反応したアリエン・ロッベンが、エリア外から右足でボレーシュート。しかしこれは枠を外れる。その後はこう着状態が続き、0-0で前半を折り返す。

 後半に入るとレヴァークーゼンが攻勢を仕掛ける。53分、相手DFがヘディングでクリアしたボールをエルナンデスが拾うと、右足でロングシュートを放った。しかし、ボールはゴール左へわずかに外れる。直後の54分には、ケヴィン・カンプルからパスを受けたウェンデルが左サイドからグラウンダーのクロスを上げると、チャルハノールが左足で合わせた。しかしこれはDFがブロックし、ゴールを割らせない。

 一方のバイエルンは64分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったキングスレイ・コマンが右サイドを突破。そのままクロスを上げると、途中出場のミュラーがエリア内で左のボレーシュートを放った。しかしボールはクロスバーの上へわずかに外れた。

 83分にはドゥグラス・コスタが左サイドから上げたクロスをDFがクリアミス。すかさずレヴァンドフスキが反応し、右足でシュートを放ったが、枠をとらえきれずネットを揺らすことはできなかった。

 その直後、シャビ・アロンソが2枚目のイエローカードを提示され退場となり数的不利になったバイエルンだが、このままタイムアップ。0-0のスコアレスドローで試合終了となった。

 次節、レヴァークーゼンは13日にダルムシュタットと、バイエルンは14日にアウグスブルクとそれぞれアウェーで対戦する。

【スコア】
レヴァークーゼン 0-0 バイエルン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング