2016.02.07

清武不在で6連敗…残留に向け覚悟を決める酒井宏「もうやるしかない」

山口蛍 酒井宏樹
マインツ戦に先発出場した山口蛍(左から2人目)と酒井宏樹(右から2人目) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、日本代表MF山口蛍、同DF酒井宏樹、同MF清武弘嗣が所属するハノーファーは、ホームで同FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦し、0-1で敗れた。試合後、山口と酒井宏が記者団の取材に応じた。

 最下位のハノーファーはこの日の敗戦で泥沼の6連敗。酒井宏も出口の見えないトンネルが続く状況に、一言で言えば「苦しいですね」と肩を落とした。この試合が終わると、シュトゥットガルト、アウクスブルク、ブレーメンなど中位、下位クラブとの直接対決が増える。負けられない連戦を前にホームで勝点を獲得できなかったことで「喪失感がすごく大きな試合ですし。あれだけ今日にかけて、みんなで練習してきた中で…」と言葉が詰まってしまった。

 リーグ戦2試合連続で先発出場を果たしながら、無念の前半途中交代となった山口。4-3-1-2の右MFについては「得意としているポジションではない」と話しながらも、「与えられたポジションでできていない自分が悪いとは思います」と苦しい心境を吐露した。また、チームとしてのプレースタイルについても「こんなに速くカウンターに行くっていうのは自分の中では初めての経験」だと語り、パスをつなぐ意識が強い日本との違いに苦戦しているようだ。

 一方で、酒井宏はチームが簡単にボールを失っている現状を危惧している。第18節のダルムシュタット戦では、敗れながらもパスをつないで攻めこむ場面が見られた。しかし、この日は序盤からミスが目立ち、相手に押し込まれる時間が続いた。これについて「こういう(ホームで勝点を取らなければいけない)プレッシャーがかかる試合で(パスをつなぐことが)できなくなるというのは、まだまだ全然覚悟が足らないと思います。もう2年も残留争いをしているので、どれだけそれが苦しいのか、みんなわかっているはず」と厳しい言葉を口にした。

 続けて「もっともっと覚悟をもってやっていいと思います。まあ、覚悟を持っていないということではないですが、本当にやらないと。今さらスイッチを切り替えても遅いですけど、もうやるしかないんだから、切り替えるしかないと思います」と自身は覚悟を決めてシーズンの後半戦に臨んでいるという。

 前半終了間際には個人技で右サイドを突破する場面もあった。それについては「シュートで終われば良かった。シュートを打つ勇気がなかった」と話し、「DFだろうが、シュートのチャンスはあります、そういうところをやっていければと思います」と気持ちの面で見せていくことが重要だと述べた。

 チームのエースナンバー10を背負う清武はまもなく復帰するとみられるが、不在の間にチームも低迷してしまった。それでも酒井宏は「みんなでキヨくんの帰りを待っているわけにはいかない。移籍市場も閉まりましたし、このメンバーでやるしかないので、頑張っていきたいなと思います」と後半戦に向けて改めて意気込みを語った。

 次節、ハノーファーは敵地で日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング