2016.01.21

ベッケンバウアー氏、レヴァンドフスキのレアル行きを示唆…本人は否定

レヴァンドフスキ
バイエルンに所属するFWレヴァンドフスキ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンの名誉会長を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏が、同クラブに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがレアル・マドリードに移籍する可能性があると示唆した。20日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ドイツ通信社『DPA』で、ベッケンバウアー氏は「レヴァンドフスキはレアル・マドリードに移籍する話が出てきている」と話し、レヴァンドフスキが移籍する可能性があると示唆した。

 これに対し、レヴァンドフスキ本人は「こういった噂は気にしないよ、慣れっこだからね」と、移籍話は噂の域でしかないと否定した。

 現在27歳のレヴァンドフスキは、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから2014年にバイエルンに加入。今シーズンはここまで、公式戦26試合の出場で23ゴールを挙げる活躍を見せている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る