FOLLOW US

独紙、逆転弾演出の“魔法かけた”香川を絶賛「ロイスより2~3段階上」

2015.12.14

フランクフルト戦で42分からプレーした香川(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 13日に行われたブンデスリーガ第16節で、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは同MF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦し、4-1で快勝を収めた。ドルトムントの地元紙『WAZ』と『ルール・ナハリヒテン』が、同試合の採点と寸評を発表している。

 ベンチスタートとなった香川は、1-1で迎えた42分にドイツ代表FWマルコ・ロイスとの交代でピッチに立つと、57分には浮き球のスルーパスでエリア内左に抜け出し、ワンタッチでガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンへ送り、アシストを記録した。

 試合後、『WAZ』は「途中出場の香川がフランクフルトを相手に魔法をかけた」というタイトルの採点記事を掲載。チーム3点目をマークしたドイツ代表DFマッツ・フンメルスと香川に両チーム最高の「1.5」(最高点1、最低点6)をつけ、「ロイスと交代で出場すると、2~3段階上のレベルを見せつけた。相手が低く構えているのにもかかわらず、ライン間のスペースを見つけ続けると、オーバメヤンに正確なパスでアシスト。61分にも3点目の起点として重要な役割を担った」と絶賛した。

 また『ルール・ナハリヒテン』は、フンメルスに単独最高点の「2」を与え、香川とオーバメヤンを「2.5」と高く評価。「ハーフタイム前の43分、ロイスに代わって出場すると、単調な試合を活気づけた。逆転ゴールのアシストは見事な足さばきだった」と、アシストだけでなく、試合の流れを変えたことも高く評価した。

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO