2015.12.11

独紙、「ほとんどの脅威に絡んだ」香川を評価も…EL2連敗で厳しい採点

香川真司
PAOK戦に先発出場したドルトムントMF香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは10日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第6節でPAOK(ギリシャ)とホームで対戦し、0-1で敗れた。

 ドルトムントは、すでにグループステージ突破を決めているが、前節のFCクラスノダール(ロシア)戦に続く敗戦となり、グループ2位で決勝トーナメントに進むことになった。

 香川は、ベンチスタートとなった5日のブンデスリーガ第15節ヴォルフスブルク戦では、後半アディショナルタイムに劇的な勝ち越し弾を決めたばかり。PAOK戦では先発に復帰して66分までプレーしたが、地元紙の採点は、他のチームメート同様に低いものとなった。

 ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は先発出場選手のうち、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスのみに「2.5」の合格点を与えただけで、香川はフンメルスに次ぐ点数とはいえ、「4」がついた。(最高点1、最低点6)

 寸評では、「ドルトムントが脅威を与えることがあれば、そのほとんどにこの小さな日本人が絡んでいた。早い時間帯にポスト直撃のシュートがあり、22分に(アドナン)ヤヌザイ、23分に(マルコ)ロイスへのいいパスがあった。52分のヘディングは相手GKが辛うじてセーブ」と、ドルトムントの攻撃で中心となっていた動きを評価。だが、「彼もまた、長い時間にわたる休憩を取ってしまった」と、働かなかったことを指摘する辛辣な一言をつけられた。

『Ruhr Nachrichten』紙はアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの「3」がチーム単独最高点で、香川は「4」。「この試合で最初にザワついたのが、彼のポスト直撃のシュートだった(10分)。その後は、香川のもとも含め静けさが続いた。52分のへディングシュートを除けば、相手にプレッシャーをかけることはできなかった」と、見せ場に乏しいパフォーマンスを指摘した。

 ドルトムントは13日に行われるブンデスリーガ第16節で、日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る