2015.11.29

酒井高は3戦連続のスタメン出場…HSVは連勝で暫定6位浮上

酒井高徳
勝利を喜ぶ酒井高徳 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、ブレーメンとDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。酒井は右サイドバックで3試合連続の先発出場を果たしている。

 前節、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに勝利を収め、10位に順位を上げたハンブルガーSV。今節は14位ブレーメンとの“ノルト・ダービー”(北部ダービー)となった。

 試合は開始早々の3分に動く。カウンターからハンブルガーSVがチャンスを作ると、右サイドのピエール・ミシェル・ラソッガが左サイドへ展開。エリア内左でボールを持ったイヴォ・イリチェヴィッチが切り返しから右足シュートを放つと、これがゴール右上に決まり、ハンブルガーSVが先制に成功する。

 さらに27分、ハンブルガーSVが敵陣中央やや右側の、ゴールから距離がある位置でFKを獲得する。ミヒャエル・グレゴリチュが左足で強烈なシュートを狙うと、これが相手DFに当ってコースが変わり、GKフェリックス・ヴィートヴァルトの頭上を越えて追加点が決まった。

 後半になってホームのブレーメンがようやく反撃に出る。62分、エリア内で浮き球のパスを受けたアンソニー・ウジャーがワントラップから右足シュート。これがゴール左に決まり、ハンブルガーSVが1点差に迫った。

 しかし、直後の68分、ハンブルガーSVがセットプレーから前がかりになっていたブレーメンを襲う。最終ラインからロングボールを受けたニコライ・ミュラーがハーフウェイラインから独走。きっちりとGKとの一対一を決め、決定的な3ゴール目を奪った。

 このままハンブルガーSVが3-1でブレーメンを下し、“ノルト・ダービー”を制した。2連勝を飾ったハンブルガーSVは暫定6位に浮上した。なお、酒井はフル出場している。

 次節、ブレーメンは敵地でシュトゥットガルトと、ハンブルガーSVはホームで日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1-3 ハンブルガーSV

【得点者】
0-1 3分 イヴォ・イリチェヴィッチ(ハンブルガーSV)
0-2 27分 ミヒャエル・グレゴリチュ(ハンブルガーSV)
1-2 62分 アンソニー・ウジャー(ブレーメン)
1-3 68分 ニコライ・ミュラー(ハンブルガーSV)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る