2015.11.23

原口はフル出場…大雪を味方につけたヘルタ、オウンゴールの1点守り辛勝

原口元気
ホッフェンハイム戦に出場したヘルタFW原口元気(左)[写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第13節が22日に行われ、日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンとホッフェンハイムが対戦した。

 ヘルタは前節、日本代表のMF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーに3-1で勝利を収めて4位に浮上。今節は、未だ1勝で17位(前節終了時)に沈むホッフェンハイムをホームに迎えて、今シーズン7勝目を狙う。17日に行われた日本代表のカンボジア戦でフル出場した原口は、中4日の同試合で12試合連続の先発出場となった。

 前半はヘルタが主導権を握る。雪が降り始めた17分、右サイドの原口からのクロスに、中央のサロモン・カルーが左足で合わせるが、枠を大きく外す。19分にはセカンドボールを拾った原口が、ペナルティエリア内右からループシュートで狙うが、相手GKにキャッチされた。

 雪が次第に強まり、ピッチが白く染まる中、ヘルタが30分にラッキーゴールで先制する。右サイドで原口が獲得したFKから、マルヴィン・プラッテンハルトがペナルティエリア内中央へボールを供給。ニアサイドのホッフェンハイムMFオイゲン・ポランスキが頭で触ると、バッグヘッドの形でボールは自陣の左ポストに当たりゴールへ吸い込まれた。大雪の中、ヘルタがオウンゴールで1リードを得て、前半を折り返す。

 後半入り、前半と変わって雪は止むが、ヘルタが守備的になり膠着状態が続く。終盤に突入し、同点を狙うホッフェンハイムは81分、右CKのショートコーナーから、ニアサイドのエドゥアルド・バルガスが強烈なヘディングシュートを放つが、わずかに枠の右に外れた。

 試合はこのまま終了。ホームのヘルタがオウンゴールの1点を守り切り、1-0の勝利を収め、今シーズン7勝目で4位をキープした。一方、敗れたホッフェンハイムは4試合連続で無得点で最下位に転落。なお、原口はフル出場を果たした。

 ヘルタは次節、28日にアウェーでバイエルンと対戦。ホッフェンハイムは同日にボルシアMGをホームに迎える。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-0 ホッフェンハイム

【得点者】
1-0 30分 オウンゴール(オイゲン・ポランスキ)(ヘルタ・ベルリン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る