2015.11.21

代表戦の長距離移動が影響か…地元紙は揃って香川にチーム最低点

香川真司
前半のみの出場となったMF香川真司(中央) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、20日に行われたブンデスリーガ第13節で、DF酒井高徳所属のハンブルガーSVに1-3で敗れ、連勝が4でストップした。

 香川は、前節シャルケとのルール・ダービーで先制ゴールを決めるなど、宿敵打倒に貢献したが、ハンブルクでは精彩を欠き2点を先制された前半のみで退いた。

 前節を終えて11位の相手に今季2敗目を喫したことで、地元紙の採点は軒並み厳しいものとなった。

『Ruhr Nahrichten』は、試合後の採点・寸評の記事に「不調のフンメルス、消えた香川」とのタイトルをつけ、両選手を含む5選手に「5」をつけた。(最高1点、最低6点)

 寸評では、「やはり、2万8000キロメートルの移動疲れが残っていたのではないだろうか?」と、代表戦での長い移動距離が影響したとの見方を示した上で、「全く試合に入り込めず、(左サイドバックの)マルセル・シュメルツァーを1人にすることも何度かあり、当然の結果として前半で交代となった」と、途中交代は妥当だったとした。

 また、『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』も香川に対して、他5選手とともにチーム最低となる「5」をつけた。

「いつもと同じようにMFの左サイドで先発したが、ほんのわずかな脅威しか生み出せなかった。ハンブルガーの守備的MF3枚が実に上手く香川を封じ込めていたため、前半のみで退くことになった」と、ハンブルガーSVの香川対策がはまり、成す術なく前半で交代となった経緯を伝えている。

 仕切り直しとなる次節、ドルトムントはホームにシュトゥットガルトを迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る