FOLLOW US

香川がヘッドで公式戦7得点目…“ルール・ダービー”で貴重な先制点

“ルール・ダービー”で先制点をヘッドで奪ったMF香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、8日に行われたブンデスリーガ第12節、DF内田篤人が所属するシャルケとの“ルール・ダービー”で、公式戦通算7ゴール目を挙げた。

 スコアレスで迎えた30分、右サイドのマティアス・ギンターからのクロスを、中央で香川が頭で叩きつけて、ゴール左隅に決めた。

 同選手は、10月28日に行われたDFBポカール2回戦のパーダーボルン戦でゴールを決めて以来、公式戦通算7得点目。また、ブンデスリーガでは、9月20日に行われた第5節のレヴァークーゼン戦以来で、7試合ぶりの3ゴール目となった。

 香川の同ダービー戦での得点は約5年ぶりで通算3ゴール目。セレッソ大阪からドルトムントに加入した2010-11シーズンの9月19日に行われたリーグ戦第4節で、2ゴールを挙げる活躍を見せて鮮烈な“ルール・ダービー”デビューを飾っていた。

 なお、試合はドルトムントが3-2で激闘の“ルール・ダービー”を制した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO