2015.11.05

ブンデスファンは何色のスパイクを好む? 半数以上がある色を希望

4日のCLアーセナル戦に臨むバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF内田篤人が所属するシャルケのマネージャー、ホルスト・ヘルト氏が、選手たちのスパイクの選択に疑問を呈している。10月30日付のドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 10月28日に行われたDFBポカール2回戦、ボルシアMGに0-2で敗戦。ホーム開催にもかかわらずシャルケの選手が頻繁に足を滑らせていたことについて、ヘルト氏は「今日のサッカー選手はスパイクのクオリティよりも、配色の方が気になるようだ。今は色鮮やかなものばかりだが、私が選手であれば昔と同じように黒いものを希望するね」と話し、苦言を呈した。

 そこでヘルト氏の発言を受けて、同紙は「ブンデスリーガの選手に身に付けてほしいスパイクの色は?」というオンラインアンケートを実施。2万8901の投票が集まり、「様々な色」が19パーセントと最も低く、「黒」が57パーセントで最多、そして「どちらでもいい」が24パーセントという結果になった。

 また、ブンデスリーガで初めて黒以外のスパイクを着用したのは、当時シュトゥットガルトでプレーしていた元ブラジル代表FWジオヴァネ・エウベル氏と、元ドイツ代表FWフレディ・ボビッチ氏の2人。前者は白、後者は赤のアディダス社製シューズを使用していたという。

 ちなみに現在シャルケで黒スパイクをはいているのは、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカとカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティングの2選手のみ。バイエルンにいたっては、ジョゼップ・グアルディオラ監督だけが(練習で)黒いスパイクを使用しているそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る