2015.11.02

武藤が独誌選定の第11節MVPに…香川、岡崎らに続き日本人5人目

武藤嘉紀
『キッカー』誌のMVPに選ばれた武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第11節が10月30日から11月1日まで各地で行われた。日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは敵地でアウクスブルクと対戦し、3-3の引き分けに終わった。同試合でハットトリックを達成した武藤が、ドイツ誌『キッカー』が選ぶ第11節のMVPに選出された。

 第2節から10試合連続のスタメン出場を飾った武藤は、18分にパブロ・デ・ブラシスの折り返しを押し込んで先制ゴールを奪うと、30分にもハイロ・サンペリオのアシストから追加点を決めた。チームは後半に逆転されてスコアは2-3となったが、武藤は後半アディショナルタイムに同点ゴールを決め、ハットトリックを達成した。武藤にとってはプロ入り後初、ブンデスリーガでも初めてのことだった。

『キッカー』誌は武藤に対して最高点の「1」(最高点1、最低点6)をつけ、第11節のベストイレブンに武藤を選出。さらに同節のMVPにも選出した。同誌のMVPに選出された日本人選手は、FW高原直泰(現・SC相模原)、MF香川真司(ドルトムント)、MF清武弘嗣(ハノーファー)、FW岡崎慎司(現・レスター)に続き5人目となる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る