2015.11.02

2得点に絡んだ清武がブンデス公式HPのMOMに選出「チーム好転のカギ」

清武弘嗣
ハンブルガーSV戦でゴールを決めたハノーファーMF清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表のMF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファーは、1日に行われたブンデスリーガ第11節で、同代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。清武が1ゴール1アシストの活躍で、ブンデスリーガ公式サイトのマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた

 試合は、ハノーファーが開始早々の6分に失点。だが後半59分に清武がPKで同点ゴールを奪うと、67分には清武のクロスをセネガル代表MFサリフ・サネが頭で合わせてゴールネットを揺らした。清武の1ゴール1アシストで逆転に成功したハノーファーが、そのまま2-1の勝利を収めた。

 ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点を発表。2得点に絡んだ清武、逆転ゴールを決めたサネ、そしてドイツ代表GKロン・ロベルト・ツィーラーの3選手に、チーム最高点の「2」(最高点1、最低点6)をつけた。なお、フル出場の酒井宏は「4」の厳しい評価。チーム最低点は、ドイツ人MFフェリックス・クラウスと同国人MFマヌエル・シュミーデバッハの「5」となった。

 また、ブンデスリーガ公式サイトではドイツ語版、英語版ともに、チームを逆転勝利に導いた清武が同試合のMOMに選出された。ドイツ語版では、「ハノーファーの直近7ゴールの内、清武が6ゴール(2ゴール4アシスト)に絡んでいる」とこれまでの記録を紹介。英語版では、「清武は、後半におけるチーム好転のカギだった。全てのポジティブな攻撃は、この日本代表の影響力が大きかった。落ち着いてPKを決めて、鮮やかにサネの決勝点をお膳立てした」と同選手を称賛した。

 ハノーファーは次節、6日に日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る