2015.11.01

ドルト、首位との勝ち点差を5に縮める…ヴォルフスが上位対決制す/ブンデス第11節

ドルトムント ヴォルフスブルク
勝利を収めたドルトムント(左)とヴォルフスブルク(右) [写真]=Borussia Dortmund/Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第11節が10月31日に各地で行われた。

 日本代表MF香川真司が所属する2位のドルトムントは、14位のブレーメンと対戦した。ドルトムントは開始早々の9分にマルコ・ロイスが先制点を決め、1点のリードを手にする。32分にブレーメンのアンソニー・ウジャーに同点ゴールを許したが、44分にヘンリク・ムヒタリアンが勝ち越しのゴール。さらに72分にはロイスがこの試合2点目を決めて2点差とする。このままドルトムントが3-1でブレーメンを下し、首位バイエルンとの勝ち点差を5に縮めた。なお、香川はフル出場している。

 開幕から5連敗を喫し、最下位に沈んでいたボルシアMGは9月に監督交代が行われた。アンドレ・シューベルト新監督が就任後、チームは復活を遂げて5連勝を飾り、順位を7位まで上げている。今節は日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦した。この日も勢いが止まらないボルシアMGは、26分にオスカル・ヴェントの得点で先制。直後の28分にラファエウにもゴールが生まれ、2-0で前半を終える。後半に入っても試合展開は変わらず、54分にグラニト・ジャカがチーム3点目を奪った。ヘルタ・ベルリンは82分にアレクサンダー・バウムヨハンが1点を返したが、後半アディショナルタイム1分にボルシアMGのホーヴァル・ノルトヴェイトが4点目を決めた。このままボルシアMGが4-1でヘルタ・ベルリンを下し、6連勝を飾った。

 3位ヴォルフスブルクと6位レヴァークーゼンの上位対決は、0-0で迎えた34分にヴォルフスブルクのニクラス・ベントナーが先制点を奪った。しかし、レヴァークーゼンもすぐさま反撃。40分にハビエル・エルナンデスが同点ゴールを決め、1-1で前半終了を迎えた。試合が決まったのは77分、ヴォルフスブルクのユリアン・ドラクスラーが勝ち越しゴールを奪取。ヴォルフスブルクが2-1でレヴァークーゼンを破り、3位をキープしている。

 その他の試合結果は以下の通り。また、1日にも2試合が行われる。

■ブンデスリーガ第11節結果(カッコ内は所属する日本人選手)※10月30日、31日、11月1日開催

フランクフルト(長谷部誠) 0-0 バイエルン ※10月31日開催
シャルケ(内田篤人) 1-1 インゴルシュタット
アウクスブルク 3-3 マインツ(武藤嘉紀)
ブレーメン 1-3 ドルトムント(香川真司)
ケルン(大迫勇也、長澤和輝) 0-0 ホッフェンハイム
ヘルタ・ベルリン(原口元気) 1-4 ボルシアMG
ヴォルフスブルク 2-1 レヴァークーゼン

シュトゥットガルト vs ダルムシュタット ※1日開催
ハンブルガーSV(酒井高徳) vs ハノーファー(清武弘嗣、酒井宏樹) ※1日開催

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る