FOLLOW US

マインツ武藤がハットトリックの大活躍…2試合連続弾で今季6得点目

アウクスブルク戦で先制ゴールを決めた武藤嘉紀 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツは、10月31日に行われたブンデスリーガ第11節でアウクスブルクと対戦。同試合で10試合連続の先発出場となった武藤が、2試合連続となる先制ゴールに加えて2ゴールを決め、プロ入り後初、ブンデスリーガでも初めてのハットトリックを達成。今シーズンのゴール数を6得点目に伸ばした。

 武藤は0-0で迎えた18分、左サイドを突破したパブロ・デ・ブラシスの折り返しをファーサイドで押し込み、先制ゴールを奪った。前節のブレーメン戦でも得点を挙げており、2試合連続のゴールとなった。
 
 さらに30分、ユヌス・マッリがドリブルでエリア内まで持ち込み、ハイロ・サンペリオへパス。ハイロの横パスを右足でゴール中央へ押し込み、この試合2点目を決めた。

 2-3で迎えた後半アディショナルタイム3分には、エリア内左でボールを受け、ワントラップから右足シュート。これがゴール右に突き刺さり、ラストワンプレーで同点ゴールを決めた。

 なお、マインツは武藤の3ゴールの活躍で3-3の引き分けに持ち込んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO