2015.10.26

4得点に絡んだ香川を独複数紙大絶賛「偉大なロイス&香川ショー」

香川
ロイス(左)の得点をアシストした香川 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 25日に行われたブンデスリーガ第10節で、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはアウクスブルクと対戦し、5-1の大勝を収めた。『ビルト』、『ルール・ナハリヒテン』、『Westdeutsche Allgemeine』など、複数のドイツ紙が香川を高く評価している。

 同試合で両チームトップの11.52キロメートルを走り、2アシストを含む4ゴールに絡む活躍を披露した香川。『ビルト』と『ルール・ナハリヒテン』は、ハットトリックを記録したガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンと並んで最高評価の「1」(最高点1、最低点6)を与えた。なお、『ビルト』は「偉大なロイス&香川ショー」というタイトルの記事で試合結果を伝えている。

 また、『Westdeutsche Allgemeine』は香川とオーバメヤンを両チーム最高の「1.5」と採点。香川のプレーを「素晴らしいパフォーマンス。ピッチ上のどこへでも顔を出し、アウクスブルクに解決不可能な課題を提供した。21分と33分にマルコ・ロイスへ通した2つのアシスト以外でも、イルカイ・ギュンドアンやオーバメヤンのチャンスを演出。また、積極的にプレスに参加し、アウクスブルクのゲームメイクを静かなものにした」と、絶賛している。

 ドルトムントは、28日にDFBポカール2回戦でパーダーボルンと、31日に行われる次節でブレーメンと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る