FOLLOW US

ドルトムント、次節マインツ戦は守護神交代か…ビュルキが親指負傷

ヴァイデンフェラー(左)とビュルキ(右) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 16日に開催されるブンデスリーガ第8節で、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦する同代表MF香川真司所属のドルトムントは、この試合で元ドイツ代表GKローマン・ヴァイデンフェラーが久しぶりにリーグ戦でゴールを守ることになるかもしれない。13日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 同紙が伝えた内容によると、ドルトムントの守護神を務めているスイス代表GKロマン・ビュルキは、ユーロ2016予選グループリーグ最終節のエストニア代表戦を前に、練習で親指を負傷。エストニアの首都タリンの病院でレントゲン検査を受けたところ、ねん挫であることが分かったという。同選手はこのけがのため同予選の試合メンバーから外れていた。

 ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は今シーズンのブンデスリーガではビュルキを起用し、DFBポカールやヨーロッパリーグなどではヴァイデンフェラーをゴールに立たせるローテーション制を採用しているが、現時点でビュルキが16日の試合に間に合うかは不明。もしヴァイデンフェラーがマインツ戦でピッチに立てば、昨シーズン最終節以来、約5カ月ぶりのリーグ戦出場となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA