FOLLOW US

ドルトSD、オーバメヤンの残留強調「我々のプランに入っている」

ドルトムントに所属するFWオーバメヤン [写真]= Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンバルセロナリヴァプールなどが関心を示しているとされているが、ドルトムント側は売却する気はないことが明らかになった。13日付のイギリス紙『エクスプレス』が報じている。

 リヴァプールの新監督に就任したユルゲン・クロップ氏は昨シーズンまでドルトムントを率いており、教え子の1人であるオーバメヤンに興味を持っているとされている。また、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によると、バルセロナは補強禁止処分が解除される2016年1月に同選手を獲得しようとしているようだ。

 しかしながら、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は「我々のプランにはオーバ(オーバメヤンの愛称)もしっかり入っている」と話し、同選手を他クラブに売り出すつもりはないことを強調した。

 オーバメヤン本人は7月にドルトムントと2020年まで契約を延長している。その際、「ドルトムントは僕にとって第2のホームのようになっている。退団したいと思ったことは1度もない」とコメントし、移籍する可能性を否定していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA