2015.10.07

ドルトムント幹部、同僚批判の主将フンメルスに苦言「模範的であれ」

フンメルス
バイエルン戦に出場したドルトムントDFフンメルス(中央) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、首脳陣から苦言を呈された。6日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 フンメルスは、引き分けに終わった9月27日のブンデスリーガ第7節ダルムシュタット戦後に続き、1-5で大敗した4日の同8節バイエルン戦後にも、チームメートを公の場で批判。バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングのロングボールから失点したことに関して、「僕らの戦術ははっきりしていた。ボアテングと(オーストリア代表DFダビド・)アラバに長いボールを蹴らせないようにね。だから、なぜボアテングがまったくプレスを受けずにあのようなパスを出せたのか僕には分からない。致命的だよ」と、攻撃陣の守備について怒りのコメントを残していた。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は、同選手の発言に対し、「この件に関しては内部で片付けたい。マッツとは個人的に話すことになるだろう」と語ったという。

 またマネージャーのミヒャエル・ツォルク氏も『ビルト』紙に対し、「マッツはチームのキャプテンとして模範的でなければならない。このような自分たちへの批判のような場合には特にね」と話している。

 ドルトムントは、代表ウィーク明けの16日に行われる第9節で、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る