2015.09.30

バイエルン戦控えるドルト、香川ら主力5名が疲労考慮でEL招集外に

香川真司
PAOK戦でメンバー外となった香川(左)とギュンドアン(右)[写真]=DFL via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントは、10月1日に行われるヨーロッパリーグ・グループステージ第2節でPAOKと対戦する。同試合に向けて、日本代表MF香川真司を含む主力5選手がメンバー外となった。クラブ公式サイトが30日に伝えている。

 同試合は、PAOKのホームであるギリシャのテッサロニキで開催。ドルトムントは、香川に加えて、キャプテンのドイツ代表DFマッツ・フンメルス、同代表MFイルカイ・ギュンドアン、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの5選手が、同試合の招集メンバーから外れた。

 トーマス・トゥヘル監督は、「選手たちを酷使しないように注意する必要がある」と理由を明言。同試合3日後の、4日に行われるブンデスリーガ第8節でバイエルンとの首位決戦を控えるドルトムントは、主力を温存してPAOK戦に臨むこととなった。

 なお、香川はこの2カ月でクラブと日本代表の計14試合に出場。その他、フンメルス、ギュンドアン、オーバメヤンはクラブで公式戦全13試合に、パパスタソプーロスは同12試合に出場し、チームの好調を支えていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る