2015.09.10

バイエルンのラームが2018年に現役引退へ「はっきりしている」

ラーム
2018年での引退を明かしたとされるラーム [写真]=Getty Images

 バイエルンの主将を務める元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが、2018年に現役を引退する考えを明かした。イギリスメデイア『スカイスポーツ』が報じている。

 同メディア によると、ラームはドイツ誌『Sport Bild』のインタビューに応え、「はっきりしていることは2018年でキャリアを終わらせるということだ。期日をはっきりと決めて、心の準備ができる方が僕にとってはいいんだ」と2018年で現役から退く考えを示したという。

 さらに、引退後のキャリアについても言及し、何らかの形でバイエルンに戻るという考えを明かしたが、監督になるつもりはないともコメントしている。

 同選手はドイツ代表キャプテンとして昨年のブラジル・ワールドカップで優勝トロフィーを掲げたが、その後代表からの引退を表明していた。これについては「代表からの引退については、最後に向けて自分自身で心づもりができた。だから、代表引退を決めたことに100パーセント 疑いはないし、全く後悔していないよ」とコメントしている。

 現在31 歳のラームはバイエルンの下部組織出身で、2002年にトップチームでのデビューを飾った。03-04、04-05シーズンはレンタルでシュトゥットガルトへ移籍。2005年7月に復帰すると、バイエルンで通算400試合以上に出場し、ブンデスリーガ優勝7回、チャンピオンズリーグ優勝1回を経験している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る