2015.08.19

長谷部&乾所属のフランクフルト、昨季得点王のエースが復帰に近づく

マイヤー
昨季リーグ得点王に輝く活躍を見せたマイヤー [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトのエースで、昨シーズンのブンデスリーガ得点王に輝いたFWアレクサンダー・マイヤーが4カ月ぶりにグラウンドでのトレーニングを開始した。18日、ドイツ紙『フランクフルター・アルゲマイネ』など複数メディアが報じている。

 報道によると、右ひざのしつがい腱を負傷し4月中旬に手術を受けたマイヤーは長いリハビリを終え、18日に術後初めてグラウンドでランニングメニューをこなしたという。また同紙の取材に応じたアルミン・フェー監督は「アレックス(マイヤー)は今週チーム練習に加わるかもしれない」と今後の見通しについて語ったそうだ。

 また大衆紙『ビルト』によれば、同選手は「すべてはプラン通りに進んでいる。ただ、仮に予定より(復帰まで)長くなってしまったとしても、僕は失望することはないよ」と、冷静に怪我と向き合っていく構えであることを話した。また、医師の見解では9月から1対1やシュート練習にも加わることができるようだが、マイヤー自身は「ブンデスリーガ出場まではおそらくあと1、2カ月は要するだろう」とコメントしている。

 エースの復帰が近づいていることにはチームメートも大いに喜んでおり、現在同選手の代理で主将を務めているDFマルコ・ルスは、地元テレビ局の番組に出演した際、「キャプテンマークをもうすぐ外せるようになることを願っている」と語っていた。

 なお、フランクフルトは22日にホームでアウクスブルクと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る