2015.08.11

ドイツカップ戦で観客の投げたライターが主審を直撃…試合は中止に

オスナブリュック
オスナブリュック対ライプツィヒの試合が中止となった (オスナブリュック公式HPのキャプチャ)

 DFBポカール1回戦が10日に行われ、オスナブリュック(3部)対ライプツィヒ(2部)でレフェリーにライターが直撃する事件が発生し、試合が中止された。同日、ドイツメディア『Die Welt』など各メディアが報じている。

 試合は開始から23秒でホームのオスナブリュックが先制点を奪い、1-0のまま時間は進んでいた。そして、70分を過ぎたところでオスナブリュックとライプツィヒの選手達がベンチ前でヒートアップ。その際にホームの観客が観戦しているエリアから投げ込まれたライターが主審のマルティン・ペテルセン氏の頭部を直撃した。

 ペテルセン主審はこれを受けて治療のためにドレッシングルームへと戻り、幾ばくかの中断の後に試合の中止を決定した。

 勝利していながら地元の観客の行動によって試合を止められてしまったオスナブリュックには、今後ドイツサッカー連盟(DFB)から何らかの処分が下される可能性が高いと言われており、会長や選手からはこの事件を残念がるコメントが発表されている。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る