FOLLOW US

ベッケンバウアー氏、ゲッツェ移籍報道に言及「ギブアップは最悪」

バイエルンの名誉会長を務めるベッケンバウアー氏 [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images

 バイエルンの名誉会長を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏が、同クラブに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの移籍報道についてコメントしている。ドイツ誌『キッカー』が19日に伝えた。

 2013年夏にバイエルンへ加入したゲッツェは、昨シーズンのブンデスリーガで32試合に出場し、9得点を挙げている。リーグ戦の出場時間はチームで5番目だが、ドイツ紙『ビルト』によるとクラブからの評価に不満を抱えているようで、退団を考えているという。

 これについてベッケンバウアー氏は、「バイエルンに残ると思う」と自身の考えを明かし、「彼は乗り越える必要がある。どこに行ったってこのような状況に直面することはあり得るんだ。ギブアップしてしまうのは、彼ができることの中で最悪だ」と、助言を送った。

 なおゲッツェ獲得に関しては、ユヴェントス、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・Uが興味を示していると、これまでに各メディアが報じている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA