2015.07.09

元ドイツ代表ヤンセン、29歳で引退「別のエンブレムにキスできない」

ヤンセン
昨シーズンまでハンブルガーSVでプレーしていたヤンセン [写真]=Getty Images

 元ドイツ代表DFマルセル・ヤンセンが現役引退を表明した。8日、ドイツ誌『キッカー』など複数メディアが報じている。

 6月に契約満了をもってハンブルガーSVを退団していたヤンセンは、今月2日にツイッターで「これから今後についてプランしていく」と投稿していたが、29歳の若さで選手生活を終える決断をした。

 同誌によると、金銭的に好条件な興味深いオファーがあったようだが、「別のクラブのエンブレムにキスすることはできない」という理由から引退を決意したという。

ヤンセンはプロデビューから2007年までをボルシアMGで過ごし、その後バイエルンへの移籍を経て2008年までハンブルガーSVでプレーしていた。そのハンブルガーSVではブンデスリーガ通算152試合に出場し20得点を記録している。ドイツ代表としては、2005年にデビューを果たすと、2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーにも名を連ね、3位決定戦に出場した。

「ハンブルクでの7年間が、特に心に刻まれている」と話す同選手は、「このクラブ、この街との心のつながりが強すぎて別のクラブでプレーすることは想像できない」と、クラブへの愛着を語った。また、「これからはハンブルクで落ち着き、新規事業を始めたいと考えている。ファンとして、このスタジアムで選手達を熱く応援するよ」と、引退後について言及している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る