2015.06.02

バイエルン、来年のデ・ブライネ獲得に備え今夏の移籍市場では節約か

デ・ブライネ
DFBポカール決勝に出場したデ・ブライネ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 ブンデスリーガを2位で終え、31日に行われたDFBポカール決勝戦では、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントを3-1で下して初優勝を遂げたヴォルフスブルク。同クラブでリーグ新記録となる21アシストをマークするなど、躍進の立役者となったベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネを、バイエルンが来夏獲得するプランを着々と進めていることが明らかになった。

 ドイツ誌『キッカー』は、デ・ブライネを狙うバイエルンがヴォルフスブルクのスポンサーであるフォルクスワーゲンのマルティン・ヴィンターコルンCEOとのトップレベルでの交渉を試みたものの、今夏の移籍に対する同CEOの答えはノーで、バイエルン側もそれを受け入れたと伝えた。

 だが、バイエルンが簡単に引き下がるはずはなく、デ・ブライネの契約にある解除条項を利用して来夏の獲得を目指すという。ヴォルフスブルクはこのオフに、給料大幅アップとともにデ・ブライネの契約を延長する方針で(現在の契約は2019年まで)、その際に付帯される解除条項の金額は7000万ユーロ(約95億7000万円)にのぼると見られている。

 ミュンヘンの新聞『Merkur』は、バイエルンが「ドイツのベストプレーヤーは、ここでプレーすべき」というポリシーのもとチームを作ってきた歴史に触れた上で、そうした巨額移籍金を支払う能力があるのはドイツ国内ではバイエルンだけであり、デ・ブライネには、それだけの価値があると断言。続けて、フランク・リベリーとアリエン・ロッベンの強力コンビも、あと1シーズンは間違いなく働いてくれるはずで、来夏こそ攻撃陣に新戦力が必要になると分析している。

 また同紙は、バイエルンは、マティアス・ザマーSD(スポーツ・ディレクター)が今オフの補強を明言しているが、1年後に目論む超目玉獲得に必要な7000万ユーロは決して安い金額ではないため、今年の補強は控えめになるのではないかとの見方を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る