FOLLOW US

ドイツ杯決勝に弾み…全得点に絡んだ香川「最終戦で初めての手応え」

リーグ最終戦で1ゴール2アシストを決めた香川真司 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ最終節が23日に行なわれ、ドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、3-2で勝利を収めた。

 15分、イルカイ・ギュンドアンのパスを受けた香川が、ペナルティエリア内中央に侵入するとフリーで左足を振り抜き、先制点を奪取。今シーズン、リーグ戦5得点目を挙げた。2分後には、香川のスルーパスからエリア内左に抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンが、右足でゴール右隅に流し込んで追加点。1点を返されるも、42分には再び香川のアシストからヘンリク・ムヒタリアンがネットを揺らす。終了間際、1点差に詰め寄られたドルトムントだが、そのまま逃げ切り、最終戦を勝利で飾った。

 1ゴール2アシストの活躍を見せた香川は、「最終戦にして初めての手応えというか、大げさかもしれないけどプレーの連動性や躍動感、特に前半の攻撃は良かったと思います」と、試合を振り返った。

 ホームでの最終戦ということで、スタジアムには多くのサポーターが駆けつけた。「サポーターも(今シーズンのリーグ戦)最後の試合で素晴らしい雰囲気を出してくれて、僕たちもすごく良い入りができたと思っています。僕たちも熱気というか、プレーをしながら充実感や楽しさを感じました」と語り、シーズンを通して応援してくれたサポーターに感謝の意を表した。

 昨夏、マンチェスター・Uから古巣ドルトムントに復帰した香川だが、「ユナイテッドでもそうですけど、なかなか上手くいかなかったときは自信を失いがち。その中でプレッシャーを感じるシーズンだったので、来シーズンは最初から(調子を)取り戻せるように努力していくしなかいと思います」とコメント。最初に在籍した2年間との違いについては、「ここでファンから求められているものは、(自分の)1、2年目のものとは違うことは分かっています」と話し、「そこに(結果が)ついてこなかった自分自身に不甲斐ない気持ちはありました。ただ、それを打破するのも自分自身。証明していくしかないですから」と語った。

 最終的に7位でシーズンを終え、ヨーロッパリーグの出場権を獲得したドルトムント。30日にヴォルフスブルクとのDFBポカール決勝に臨む。恩師ユルゲン・クロップ監督のドルトムントでのラストマッチにもなる試合。香川は、「今日の感覚を大事にして、しっかりと自信を持つこと。1週間準備をして、素晴らしい終わりを迎えられれば良いと思います」と勝利を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA