2015.05.12

ドイツサッカー史上初…DFB杯決勝でゴール判定システムを導入へ

DFBポカールの優勝トロフィー [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 30日にベルリンで行われるDFBポカール決勝、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクの対戦で、昨年夏のブラジル・ワールドカップでも使用されたゴール判定システムが導入される見通しとなった。11日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 同紙によると、ドイツのプロサッカー界で『ホークアイ』と呼ばれるゴール判定システムが使用されるのは史上初。ドイツサッカー連盟(DFB)のヘルムート・ザンドロック事務総長は「歴史的な試合になるだろう」とコメントしているという。

 昨年のDFBポカール決勝ではドルトムントバイエルンと対戦し、64分にドイツ代表DFマッツ・フンメルスの放ったヘディングシュートがゴールラインを割っていたかどうかについて、激しい議論が沸き起こっていた。(※判定はノーゴール)

 またこの試合を担当する審判団もすでに決定しており、ブラジルW杯でも笛を吹いたフェリックス・ブリーヒ氏が主審を担当する予定だという。DFBポカール決勝デビューを果たすことになる同氏は「(主審を任されたと)聞いた時は、とても嬉しかった。これまで何回か観覧席で決勝を見てきたが、今回はピッチの上であの素晴らしい雰囲気を味わうことができる。本当に楽しみだ」と話している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング