FOLLOW US

香川と原口が先発出場…ドルトはホームで2発快勝、ヘルタは痛い3連敗

ヘルタ戦で先制点をドルトムントの選手たち [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第32節が9日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、FW原口元気とMF細貝萌の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。香川と原口が先発出場。細貝は10試合連続でベンチ外となった。

 今シーズンのリーグ戦も、今節を入れて残り3試合。勝ち点「40」で9位につけるドルトムントに対して、ヘルタ・ベルリンは勝ち点「34」で13位につけている。ドルトムントは、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権が得られる6位のアウクスブルクとは勝ち点差が「3」。一方のヘルタ・ベルリンは、降格圏内の17位につけるハノーファーとは勝ち点差が「4」となっている。

 開始9分、ホームのドルトムントが先制に成功する。左CKからヘンリク・ムヒタリアンのボールに、ニアサイドでフリーとなったネヴェン・スボティッチが頭で叩き込んで、ゴールネットを揺らした。

 14分にドルトムントは、右サイドからのグラウンダーのクロスをエリア内右の相手DFにカットされるが、そばにいたムヒタリアンがこぼれ球を拾い、右足を振り抜く。だがシュートはわずかに枠の左に外れた。その後は、ドルトムントが攻勢に出るも、ヘルタの守備が落ち着きを見せて、試合は拮抗する。

 25分にドルトムントは、ムヒタリアンからのロングボールに、ピエール・エメリク・オーバメヤンが抜け出すも、GKトーマス・クラフトが飛び出してクリア。一方のヘルタは38分、右サイドのペテル・ペカリークからのクロスを、ドルトムントDFマッツ・フンメルスがカット。そのこぼれ球を拾ったヴァレンティン・シュトッカーがエリア内中央でシュートを放つが、枠をとらえられなかった。前半はドルトムントが1点リードで折り返す。

 後半に入って47分、ムヒタリアンからパスを受けたエリック・ドゥルムが、エリア内右で左足を振り抜くと、シュートはゴール左隅を突きサイドネットを揺らした。ドルトムントが幸先良く追加点を獲得。49分には、イルカイ・ギュンドアンがエリア手前中央でこぼれ球を拾うと、そのままシュートを放つが枠をとらえられない。62分、香川が自ら持ち上がり、エリア手前中央で右足を振り抜くが、シュートは枠を大きく外れた。

 70分には、チーロ・インモービレのパスからエリア内右に抜けだした香川が折り返しを入るが、わずかに味方には合わない。ヘルタは74分、右CKのこぼれ球をエリア内左で拾った原口が、シュートを放つも、DFに当たり枠には飛ばなかった。ドルトムントは83分、ケヴィン・カンプルからのパスをゴール前で受けた香川が、反転からシュートを放つが、クラフトに阻まれた。

 84分、ヘルタは原口を下げてロニーを投入。ドルトムントは香川に代えてスヴェン・ベンダーをピッチに送り出した。ヘルタは88分、右サイドからのクロスにファーサイドでサンドロ・ヴァーグナーが飛び込み、頭で合わせるが枠はとらえられなかった。

 試合はこのまま終了。ドルトムントがホームでヘルタに2-0の勝利を収めた。ドルトムントは来シーズンのヨーロッパリーグ出場権獲得に一歩前進。ヘルタはシーズン終盤に痛い3連敗となった。

 ドルトムントは次節、16日にアウェーでヴォルフスブルクと対戦。ヘルタ・ベルリンは同日に、日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 2-0 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1-0 9分 ネヴェン・スボティッチドルトムント
2-0 47分 エリック・ドゥルムドルトムント

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO