2015.04.26

独紙はチーム最高点評価も失点悔やむ長谷部「簡単にやられすぎた」

長谷部誠
対戦した長谷部(左)と香川(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトは25日、ブンデスリーガ第30節で同代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦し、0-2で敗れた。

 ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点(最高点1、最低点6)を掲載。長谷部にはチーム最高点の「2」をつけたが、「個人的にはフィーリングは悪くないけど、チームとしての結果が出なければ意味はない」と試合を振り返った。ブンデスリーガ日本語版公式HPがコメントを伝えている。

 PKを決められ先制点を許したフランクフルトは、32分に香川のゴールで2点目を奪われた。長谷部は「2失点ともミスというか、簡単にやられすぎた。それ以外の場面でも、相手のチャンスは自分たちのミスから生まれていた」と、ミスの多さが失点に繋がったと指摘。

「やっぱりボールの失い方が悪かった。良い形の守備が整っていないときにやられて、自分たちが攻めているときのポジショニングも悪かった」と具体的な課題を口にしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る