2015.04.26

香川、今季初となる2試合連続ゴール…前節に続き独紙が高採点

香川真司
ゴールを喜ぶ香川真司(左)[写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ブンデスリーガ第30節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと対戦した。

 ドルトムントは、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールで先制する。1点リードで迎えた32分、オーバメヤンからの折り返しに、エリア内中央に走り込んでいた香川がフリーで合わせて、ゴールネットを揺らした。試合はそのまま終了し、ドルトムントが2-0で勝利。リーグ戦2連勝を飾っている。

 ドイツ紙『ビルト』は同試合の採点(最高点1、最低点6)を掲載。2試合連続ゴールを決めた香川に「2」の高得点つけた。

 1ゴール1アシストの活躍を見せたオーバメヤンには、チーム最高点の「1」を与え、その他アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、ドイツ代表DFエリック・ドゥルム、DFマルセル・シュメルツァーに香川と同じ「2」の採点をつけた。

 ドルトムントは28日、今シーズン唯一、タイトル獲得の可能性が残るDFBポカール準決勝でバイエルンと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る